「認定こども園 どんぐり」の子供達が工場見学に来ました。

昨年に続き、今年も「どんぐり」の子供達が工場見学に来てくれました。
今年は、昨年の倍の人数、45人の子供達が、木はどのようにして製品になるのかを実際に当社の製材工程を見て学びました。(認定こども園 どんぐり様のHPはこちら

最初に渡島支庁の職員による「きのへ~んしん」(紙芝居)が行われました。
この紙芝居、内容が分かりやすくて、すばらしいんです。
支庁のHPに記載されています。『きのへ~んしん』詳しくはこちら

外へ出て、まずは皮むき機の見学。
丸太が落ちる度、子供達から歓声があがります。

次に製材の様子を見学。

丸太を持ち上げて移動…その小口を見ると!
見たことのあるキャラクターの絵が・・・
プチサプライズは喜んでもらえたかな?!

次に「道南杉 ハル壁」の製作をまじかに見て、触れて、匂いを嗅ぐ。「いい香り~」

次に角ログ内に入る。
(楽しそう♪)

最後に角ログを実際にみんなで組み立てました。形は・・・風呂桶?
完成後、みんなで入ってみる。

今年は時間の関係で、チップの砂場での遊びは中止でした。
「どんぐりのみんな、こんどはチップのすなばで山のぼりしようね!またあそびにきてね!!」
昨年の様子はこちら

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Scroll Up