道南杉ハル壁 よくあるご質問(FAQ)

01 施工について (6)

道南杉ハル壁「外壁用施工ガイド」の「開口部の納まり」をご確認ください。

道南杉ハル壁「外壁用施工ガイド」PDF[852KB]2021.8版

道南杉ハル壁「外壁用施工ガイド」の「釘の位置」をご確認ください。

道南杉ハル壁「外壁用施工ガイド」PDF[852KB]2021.8版

道南杉ハル壁「外壁用施工ガイド」の「出隅・入隅納まり例」をご確認ください。

道南杉ハル壁「外壁用施工ガイド」PDF[852KB]2021.8版

よほど特殊な形状でなければ用意できます。お問い合わせください。

表面はザラザラ面(丸ノコ・帯ノコ仕上げ)です。

塗装が多く乗り、耐候性が高まるからです。

02 配送・在庫・納期について (4)

日本の主要都市へは発送できます。地方の場合は、お問い合わせください。

できません。会社や倉庫への納品となります。

注文数・受注状況で変わります。お問い合わせください。

注文数・受注状況で変わります。お問い合わせください。

03 塗装・メンテナンスについて (2)

含浸系塗料を使用してください。

美観及び撥水性を保つためには、5〜7年毎に塗り重ねてください。

※塗装は2〜3回塗りの場合です。
※使用環境によって、年数は前後する場合があります。

(出典 北海道立総合研究機構(地方独立行政法人) 森林研究本部林産試験場「木材の表面仕上げが塗装木材の耐候性能に及ぼす影響 伊佐治信一 大橋 義徳」より)

04 防火構造・準不燃材について (5)

ハル壁シリーズの外装材「ベベル」「パネル」「オルト」「箱目地」の全てが、防火構造の外壁として使用できるようになりました。

ハル壁シリーズの商品紹介ページ

PC030BE-3639-1とPC030BE-3948です。

防火構造は防火性能を持つような構造のことで、準不燃は材料単体の防火材料のことを言います。
当社の商品だと、防火構造は外装材、準不燃は内装材に用いられます。

あります。お問い合わせください。

屋外では使用できません。

05 その他 (6)

対策はありません。穴が空いた部分に埋木かパテ埋め等の補修をしてください。

当社では行っておりません。

カタログの出荷単位をご確認ください。少量でのご購入の場合は対応できる場合もあります。お問い合わせください。

道南杉ハル壁カタログ全ページPDF[2.4MB]2020.9版

カタログ「道南杉ハル壁シリーズの仕上りについて」をご参照ください。

道南杉ハル壁カタログ全ページPDF[2.4MB]2020.9版

小さい抜け節・死に節は入りますが、大きい物や酷い状態には埋木処理をしています。

芯材を無塗装で野外暴露した場合、耐朽性は5〜6年です。
ベイヒバ・ベイスギで7〜8年、ベイツガで3〜4年、トドマツ・スプルースは2〜3年です。
※野外暴露は地面に接する箇所で利用した場合の実験データです。
※使用環境によって、腐朽が発生するまでの年数は前後する場合があります。
(出典 社団法人 日本木材保存協会発行「木材保存入門」より)