会社案内

自社敷地内に伐採可能な山林を持ち、製材・プレカット・集成材加工まで、一貫した生産が可能です。
なおかつ、地元の加工工場・問屋・工務店様等との綿密なネットワークで、北海道・道南地区の「地材地消」をほぼ100%実践中です。

会社概要

商号株式会社ハルキ
創業(個人)1960年(昭和35年)
法人設立
1989年(平成元年)
所在地北海道茅部郡森町字姫川11番13号
代表取締役春木真一
TEL01374 – 2 – 5057
FAX01374 – 2 – 2397
WEBhttps://mori-haruki.co.jp/
資本金3,000万円
年商26億3千万円(平成31・令和元年度)
従業員数96名

事業内容プレカット加工販売
製材業
集成材製造
家具・ノベルティ製造販売
関連会社株式会社アクティブ・トレード

工場・設備

第一製材工場

大径木の製材(シングルバンドソー)
1,000平方メートル

第二製材工場

中・小径木の製材(ダブルバンドソー)
1,230平方メートル

第三製材工場

大〜小径木の皮むき〜自動製材
1,983平方メートル

プレカット工場

プレカット加工・ロボット加工
1,798平方メートル

加工工場

プレーナー(カンナがけ)加工
1,400平方メートル

羽柄工場

羽柄加工
1,200平方メートル

全自動乾燥機

木材の自動乾燥(バイオマスボイラーより熱源供給) / 10機

倉庫・ストックヤード

建材倉庫 / 1,000平方メートル
木材ストックヤード / 2,500平方メートル

本社社屋

CAD室・経理/総務部門・事務所
500平方メートル

〈八雲〉集成材工場

集成材加工
(二海郡八雲町三杉町25-38)

〈新・加工機械〉

レーザー加工機
木工CNCルーター(Shopbot)

総敷地面積

179,600平方メートル

営業所

函館営業所
北海道亀田郡七飯町
字上藤城55

札幌営業所
北海道札幌市白石区
平和通17丁目南3-2

白老営業所
北海道白老町東町5丁目4-16
イーストハイツⅡ104号室

沿革

〈創業期〉 家族経営の製材所として創業。ほどなくして従業員も増え、とにもかくにも安定操業を目指し奮闘しました。

1960年春木製材所を森川町にて、先代父芳松が創業
1985年現在地本社工場移転
1989年有限会社春木製材所設立(資本金500万円)
1992年増資(資本金1,500万円)
1996年プレカット工場新設
1997年函館営業所開設

〈拡充期〉 「製材所」としての”基礎体力”に投資し、「企業」としての基盤を整えました。また、企業責任として、地球環境保全への取り組みも開始しました。

2000年株式会社ハルキに組織変更(資本金3,000万円)
2005年札幌営業所開設、木材産地証明工場登録
2007年プレカット第2工場新設
合法木材供給事業者認定
2010年新製材工場新設
2010年JAS工場認定
2013年国内クレジット承認
ソーラー発電事業開始(840 kw)
木質バイオマスボイラー稼働
加工工場新設

〈発展期〉 いわゆる「製材所」から一歩飛び出した、多様なプロジェクトもチャレンジしています。認定や表彰の後押しをいただき、ますます邁進してまいります。

2015年


経済産業省「がんばる中小企業・小規模事業者300社」認定
Hako Dake Hiroba「第9回キッズデザイン賞」受賞
函館空港木質化プロジェクト「ウッドデザイン賞2015」受賞
 
2016年道南杉の準不燃・難燃材 国土交通大臣認定
SGEC COC認証取得
病院木質化プロジェクト「ウッドデザイン賞2016林野庁長官賞」受賞
2017年第3製材工場新設
30分防火構造 国土交通大臣認定
代表取締役 春木芳則 日刊工業新聞「優秀経営者顕彰 地域社会貢献者賞受賞」
経済産業省「地域未来牽引企業」選定
エムエイチグルーラム協同組合より工場敷地取得、集成材生産開始
2018年白老営業所開設
コイヤ協議会 参加
函館空港木質化プロジェクト「Hako Dake Hall」
Scroll Up