ハルキとSDGs

株式会社ハルキは、「人と地域と環境のために」を企業理念とする事業活動を展開しており、
国連が主導する持続可能な開発目標(SDGs)の実現において、ここ北海道で次のように貢献していきます。

目標8 働きがいも経済成長も

労働者の権利を保護し、社員が安全・安心に働けるようにします。
作業環境を常に管理・監督し、機械化等適切に改善します。

目標11 住み続けられるまちづくりを

化石燃料を減らし、地域バイオマス資源を有効に活用します。
地元と共に発展できるよう、木育を通じて地域活動に積極的に参加します。

目標12 つくる責任つかう責任

 S G E C認証の山から搬出された原木を使い、トレーサビリティの確保をして製品を製造します。
 加工から出る副産物、カンナ・オガ屑・樹皮・端材を、敷料・木材乾燥・暖房燃料など、扱う原木や木材は全て、無駄なく使い切ります。

目標13 気候変動に具体的な対策を

エネルギーを大量に消費し、遠くから運んでくる材料ではなく、なるべく地元の材料を使い、それを地元・地域で加工、出荷することにより、二酸化炭素の排出量を減らし、地球温暖化防止に貢献します。

目標15 陸の豊かさも守ろう

 原木を地元地域で調達し使う、伐ったら植える、育てる、そしてまた伐る、この循環を続け持続可能な社会を作ります。


Scroll Up