札幌北陵高等学校 弓道場

古来からの日本の武道である「弓道」に対し、日本固有で古くから生育する「杉」を使うことは、提案から採用まで時間はかかりませんでした。
構造材・羽柄材は100%、床の仕上材にも道南杉を使用し、構造躯体は在来工法+金物工法+ツーバイ工法の各工法のいいとこ取りをした、3ハイブリッド工法を採用しました。
道南杉は材質がやわらかく、クッション効果があるので足腰の負担を軽減します。また、杉には集中力を高める芳香成分バニリン(バニラエッセンスの元)が多く含まれており、武道などの真剣勝負を行う場での使用にとても適しています。
この場に立つと身が引き締まります。

施工:アトリエテッラ㈱ http://www.atelier-terra.jp/
はてなブックマークに追加