道南杉・地材地消

杉・道南杉とは?

伐採され貯木場に保管されている道南杉
伐採され貯木場に保管される道南杉
樹種名
スギ(杉・椙)
科目
スギ科スギ属の常緑針葉樹
分布
北海道南部から南は屋久島まで広く分布
色調
辺材(樹幹の横断面で、樹皮に近い色調の渋い木部)は白色。心材(木の中心に近い部分)は淡紅色から赤褐色。時には黒褐色。木目は鮮明で通直性質やや軽軟で狂いは少ない。切削などの加工は容易心材である赤身の部分の耐朽性はヒノキよりも高いといわれる。
用途
建築用材(構造材から、床板、天井板、建具)から建具材、割り箸など用途は多い

杉(スギ)は、学術名=Cryptomeria japonica(クリプトメリア ジャポニカ)「日本の隠れた財産」とも呼ばれ、檜(ヒノキ)と並ぶ日本の代表的な針葉樹で日本固有の常緑針葉樹です。一般的には本州北部から九州、屋久島まで分布しているとされていますが北海道南部地方にも杉林があります。ここで伐採した杉を一般的に「道南杉」と呼んでいます。

道南杉の特徴

道南杉は現在、地元ではあまり使われることがなく、本州方面、時には九州、海外へ出荷されています。これは非常にもったいないことです。

柔らかく柱に使えても梁には使えないと考えられていましたが、近年は科学的な調査や高度な加工方法により梁材にも利用さています。また、入手が困難になってきた「ウエスタンレッドシダー」(米杉-ヒノキ科 ネズコ属の針葉樹)の代替え品として注目を浴びています。

道南杉は弾力性に富み、粘りもあり、暖かな性質は断熱効果、芳香にはリラックス効果もあり北海道の寒い冬を快適に過ごすには最適な素材です。「地元の材料を地元で使う!」そんな地材地消(地産地消)の思いから誕生した、当社オリジナル内外装パネル〝道南杉 ハル壁〟是非ご活用ください。

地材地消(地産地消)

手入れ・伐採・植林

今までは遠い外国からの輸入材に頼っていました。それを地元の木を使う事によって、外国からの輸入時にかかるエネルギー消費量(ガソリン等)を減らす事ができ、地球温暖化の原因と言われている、二酸化炭素の排出量を大幅に抑える事ができます。

また、外国の過剰な伐採による森林破壊の抑制にもなり地球全体の環境問題にも貢献できるのです。なにより地元の山から取れる木には、安心感があります。同じ環境で育った木を使う事で建物の耐久性も違ってきます。地元の木を使うことにより、地元の林業の活性化につながり、植林が進み二酸化炭素を吸収する木の量も増えます。そして間伐も進み森林の環境も良くなります。

以上のことからハルキでは、地材地消(地産地消)にも力を入れております。

環境問題への取り組み

ツル切り風景
ツル切り風景

近年、地球温暖化・酸性雨等による影響が全世界で観測されるようになりました。日本においても対策が急務となっております。そこで、二酸化炭素を吸収し酸素を供給する森林が持つ多機能な面が評価されはじめてきました。

ハルキでは60年近く前から植林をすることにより、環境問題に取り組んでまいりました。そして、ただ植林するだけではなく、下刈り・ツル切り・枝打ち・間伐等を行い健康な森林環境が維持できるよう努力もしてまいりました。

しかしながら、それだけでは環境問題すべてが解決するわけではありません。ですが少しの手助けにはなるはずです。
そんな小さなことの積み重ねが将来の大きな効果につながるとハルキでは確信しております。

株式会社ハルキの「環境対策」取り組み

おしらせ


> おしらせ一覧

ギャラリー


> ギャラリー一覧